クラブの仕事や職種を紹介!Jリーグクラブに「就職」「インターン」希望の方々におすすめ!

スポンサーリンク
Recruit-Jリーグクラブへの就職-

Jリーグクラブにはどんな仕事があるんだろう?

うーん、営業とか広報はよく聞くよね!

少し調べてみよう!

Jリーグクラブの仕事は謎に包まれています。

スポーツ業界は他の業界と比較し、仕事内容を積極的に公開していません。

では実際、どのような仕事をしているのでしょうか?

今回はJリーグクラブで働くために目標を明確にしたい、Jリーグをスポーツビジネス視点で楽しみたいという方々に向けて、Jリーグのお仕事を紹介していきます。

今回は、
お金を稼ぐという意味の「フロント」と
お金を稼ぐために社員を支える「バックオフィス」
の2種類に分けて紹介します。
そして、各職種と職種に対する業務を簡潔に紹介していきます。

自分の興味のある仕事を下記の目次から選んで、確認することをおすすめします!

厳密にはどちらもフロントですが、分かりやすく表記するため、2つに分けます。

スポンサーリンク

Jリーグクラブ-フロントの業務-

営業担当

法人(企業)や個人を相手に、営業活動を行います。
一般企業の営業と大きく変わることはありません。
サッカーという商材を使用して、営業活動を行います。
クラブ(会社)の利益の大半を稼ぐ、非常に大切な仕事です。

営業担当についてもっと知る

広報

クラブのありとあらゆる情報を発信し、認知向上やイメージアップを目指します。

主に、プレスリリースやメディア対応といった社外を通じての発信、SNSやポスターなど自社媒体を使った発信を行います。

広報担当についてもっと知る

チケット担当

試合チケットの企画から販売、販売後の分析までチケット業務を包括して担当します。
より多くのチケットを売るために、データの分析やマーケティングを行います。

近年、QRチケットシステムやチケットECサイトなど進化が著しい部署です。

チケット担当についてもっと知る

グッズ担当

グッズの企画から販売、販売後の分析までをグッズ業務を包括して担当します。
トレンドにそったグッズ展開や、SNSを使用したプロモーションなど様々なスキルが必要です。

もちろんマーケティング知識は必須でしょう。

グッズ担当についてもっと知る

ホームタウン担当

サッカークラブを通して、地域貢献を行うことができる面白い仕事です。

自治体や公的機関と連携を取りながら、ホームタウン内での地域貢献活動や慈善事業を行い、市民や企業を心身ともに豊にすることが目標です。

イベント開催やイベント参加などを通してホームタウンを盛り上げたり、ホームタウンのPR活動を県外に対して行うことで価値向上を図ります。

ホームタウン担当についてもっと知る

ファンクラブ担当

ファンクラブを通じて、ファン・サポーターと良好な関係構築を行うことが目的です。

ファンとクラブの関係性を高めるため、ファンクラブ会員限定サイトやメールマガジンを使用したオンラインの企画、スタジアムイベントや優待施策などオフラインの企画を考案し運営を行います。

ファンクラブ担当についてもっと知る

イベント担当

主に”ホームゲーム開催時イベント”と”クラブ主催イベントの企画とオペレーションを行います。

ファン・サポーターを中心としたお客様が、楽しく安全にイベントに参加できるよう取り組みます。

イベント担当についてもっと知る

運営

運営担当は試合開催のリーダーとして、試合の実施計画とオペレーションを行います。
試合や試合会場が安心・安全に事故なくスムーズに進められるよう努めます。

運営についてもっと知る

Jリーグクラブ-バックの業務-

総務/人事

一般企業の総務担当の業務内容は大きく変わらず”人”と”物”の管理や手配を行います。
ただJリーグクラブには外国籍選手が在籍しており、海外関係の手続きなどが少し難しいかもしれません。

総務/人事についてもっと知る

経理

一般企業の経理と大きく変わりません。
利益や資産を作りだすためにお金の管理を行います。
Jリーグ特有の仕事としてクラブライセンスの業務があります。リーグからの依頼内容通りに書面を作成しましょう。

経理についてもっと知る

Jリーグクラブに就職するには

今回の記事は以上となります。
Jリーグクラブに就職する方法を記載した記事を更新しています。
下記のカードから是非ともご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました