日本人若手選手のビッグクラブへの移籍を分析し、Jリーグの今後について考える

スポーツビジネス

「ビッグクラブ移籍」「チャンピオンズリーグ」

サッカー選手みんなの夢だろう。

近年、海外ビッグクラブに日本人が移籍していることは多くの方々がご存じかと思います。
ビッグクラブ以外にも欧州クラブに移籍する若手選手が増えています。
日本サッカーの育成力が上がり、選手の価値があがっていることは間違いない事実です。
香川真司選手や長友佑都選手を筆頭にヨーロッパやチャンピオンズリーグで活躍する選手も増えました。

けれども1つ疑問が浮かびます。
チャンピオンズリーグにも出場するようなビッグクラブが新戦力として日本人の若手を獲得しているのであろうか?
ユースからトップに昇格して間もない、Jリーグで実績のない若手選手を戦力として計算しているのだろうか?
きっとそれは違います。

では、なぜ世界のビッグクラブは日本人を獲得するのか?
そして、海外の移籍マーケットではどのような事態が起こっているのか?
年々増加する青買いにJリーグはどうしていくべきか?

今回は若手選手のビッグクラブ移籍について分析を行い。Jリーグの今後について考えます。

近年ヨーロッパで移籍した若手日本人サッカー選手

下記の図が近年移籍した若手選手を抜粋したリストです。

(若手を中心にピックアップ)

多くの若手がヨーロッパでの活躍を求め移籍していきました。
実績がないまま移籍した選手も多いですね。
将来が嘱望される選手の期限付き移籍や契約満了による0円移籍も目立ちます。

それでは分析を行っていきます。

若手日本人サッカー選手がヨーロッパへ移籍する内的要因

今回は日本人選手がヨーロッパで移籍する理由を内的要因(主に国内)と外的要因(主に国外事情や環境)に分けて分析を行います。
まずは内的要因です。

日本人の技術向上
日本サッカーの発展と育成環境の向上に伴い、選手のレベルがアップしました。
世界のトップレベルのチャンピオンズリーグに出場する選手も増えています。

選手が安い
海外クラブからすると将来数十億に化ける可能性のある選手を0円から3億円で獲得できます。

・ビジネスと文化
日本のビジネスは世界的に見てもレベルが高いです。
アフリカや南米の国と比べて会社間の取引がクリーンかつスムーズに進むでしょう。
書類のやりとりを含む契約が取引の主要要項なので、 日本人の生真面目な性格も好まれると思います。

・アジアの国
アジアはヨーロッパクラブの新規マーケット開拓の対象になっています。
仮に移籍金を支払って獲得しても、放映権を中心とした資金回収見込んでいると思います。

・選手の意識変革
現在の若手選手は小さなころから海外で活躍することを夢見てプロを目指しています。
また海外へ移籍した先駆者も多く、海外への移籍が現実的に考えられるようにもなっています。

エージェントのレベルアップ
近年の海外移籍増加に伴い、日本人エージェントと海外クラブのパイプが太く強くなりました。
これによって選手は海外に移籍しやすくなります。

若手日本人サッカー選手がヨーロッパへ移籍する外的要因

次に外的要因を書き出していきます。

・南米,ヨーロッパ人選手の価格高騰
かつて若手の青田買いの対象となっていた、南米とヨーロッパの若手選手の価格が高騰しています。
また選手を売却し移籍金で収益を稼ぐビジネスモデルで経営を行っているクラブがほとんどです。有望な選手とは長期契約と高額なバイアウト条項が設定されており、若手を安価で獲得することが難しくなりました。

・新規市場開拓とヨーロッパの不況
先ほども記載しましたが、ヨーロッパのクラブは莫大な権利収入を求めて新規市場の開拓を行っています。加えて、ギリシャやイタリアなどヨーロッパは不景気な国が非常に多いです。ヨーロッパでのパイはものすごく小さくなりました。この煽りを受けて、サッカークラブは近年大きく経済成長が進むアジアから外貨を引っ張ろうとしています。

・スカウティングの発達
映像技術、映像配信技術の発達により世界中の試合を見られるようになりました。何度も何度も現地に試合を見に行かなくても済むようになり、選手獲得に費やすコストの時間効率がよくなりました。

・選手の転売
利益率の高い移籍金を求めて、選手の転売を行うクラブが増えました。
資金に余裕のあるビッグクラブが大量に選手を獲得し、大量に期限付き移籍で放出するといった事例が多発しています。事項にて詳しく解説します。

※転売という表現は少し悪いですが、今回は敢えて使用いたします。

ビッグクラブの若手選手転売について

近年、若手選手を安い金額で獲得し、大量に選手を保有するビッグクラブが増えています。
プレミアムリーグのマンチェスターシティやチェルシーが代表例です。
なぜ、選手を大量に獲得するのか?
それは移籍金で莫大なお金を稼ぐためです。

選手大量獲得から移籍金収入を得るロジックは下記のフローチャートをご覧ください。

おおむね上記の図の通りにビッグクラブはチーム運営をしています。

主の目的はあくまで移籍金で収益を上げること。
そして若いうちに選手を引き抜くことで、トレーニングフィーを選手が移籍するたびに稼ぐことができます。
チームの強化は他チームで活躍した選手を高額な移籍金で引き抜けばいいからです。

具体的にチーム名や選手名を出して解説していきます。

・チェルシー(プレミアムリーグ)
このビジネスモデルを先駆けて行ったクラブです。
2018-2019シーズン開幕時は31選手を国内外のクラブへ期限付き移籍で放出しました。
転売代表例
・ケビン デブライネ
 ヘンク⇒チェルシー⇒ブレーメン⇒マンチェスターシティ
 推定移籍金:100億7000万
・ルカク
 アンデルレヒト⇒チェルシー⇒エバートン
 推定移籍金:41億

・ユベントス(セリエA)
国内での有望な若手はガツガツ獲得するイタリアの盟主。セリエAでの経営状態が一人勝ちのため、国内での移籍金競争で敵はいません。
2018年4月時点では41選手を期限付き移籍で放出。
転売代表例
・コマン
PSG⇒ユベントス⇒バイエルン(期限付き)⇒バイエルン(完全移籍)
推定移籍金:28億6000万
・カルダーラ
アタランタ⇒ユベントス⇒アタランタ⇒ACミラン
推定移籍金:24億

・マンチェスターシティ(プレミアムリーグ)
2019シーズンは日本人の板倉選手を含む26名を期限付き移籍で放出。
転売代表例
・サンチョ
ワトフォード(ユース)⇒マンチェスターシティ(ユース)⇒ドルトムント
推定移籍金:9億

ヨーロッパクラブからの引き抜きにJリーグはどうしていくべきか

猛スピードで日本人サッカー選手の国外移籍が当たり前になりました。そして選手や代理人が売り込まずとも日本人が国外クラブから狙われる立場になりました。

そして今では日本人選手も転売対象です。

日本のサッカーはこの流れに付いていけているのでしょうか?
きっと付いていけていません。

選手が国外クラブへ移籍することは決して悪いことではありません。
逆に大きな可能性があると思います。

選手が海外から狙われている状況を絶対にうまく使っていくべきと考えています。

レベルの高い環境、夢の舞台でプレーしたいと選手は強く思っています。
もちろん選手の夢を叶えてあげよう、応援してあげようという気持ちは大切ですし、否定はしません。
しかしプロスポーツは事業であり選手や海外クラブに対してのボランティア活動ではありません。
クラブで働いているスタッフもボランティアではなく会社員です。社員は劣悪な環境と待遇で働いています。選手たちはそのクラブの社員が稼いだお金でサッカーをプレーし給料を貰います。

経営陣や強化には選手を高額で売却し、クラブに利益を生み出すという意識を持つことを願います。

Jリーグは様々な課題を抱えています。その多くは潤沢な資金があれば解決できるものです。
選手の移籍をきっかけにJリーグ変えていってほしいです。

管理人がスポーツビジネスを学んだ書籍をご紹


エスキモーが氷を買うとき―奇跡のマーケティング

 この作品の筆者は過去、数々の有力スポーツチームのコンサルタントを務めた米スポーツビジネス界の伝説のマーケター。
さまざまな成功のエピソードがあるなかで、最も有名なのは3年間社長を務めたNBAニュージャージー・ネッツの例であろう。彼は、NBA(全米バスケットボール協会)で観客動員数最下位だったネッツを、売上高500%増、27球団中チケット収入伸び率1位にまで導いた。
全てのスポーツビジネス関係者に読んでいただきたい1冊

コメント

タイトルとURLをコピーしました