Jリーグクラブの仕事紹介-営業担当-

スポンサーリンク

法人(企業)や個人を相手に、営業活動を行います。
一般企業の営業と大きく変わることはありません。
サッカーという商材を使用して、営業活動を行います。
クラブ(会社)の利益の大半を稼ぐ、非常に大切な仕事です。

営業企画

販売する商品の計画業務です。
広告販売の新規開発や広告価格の設定などを行います。
ユニフォームスポンサーやスタジアム看板等が、代表的な例でしょう。
その他にも”サンプリング”や”試合会場でのイベント開催”など権利の販売も企画します。
最終的には、企画をセールスシートにまとめあげます。

営業活動

地元企業を中心に営業を行います。
企業に訪問し、交渉を行い、契約を結び、お金を頂きます。
継続案件、新規案件ともに上記の流れが基本となります。
シーズン中は定期的にポスターを持っていったり、試合会場でおもてなしを行ったりと、良好な関係を築くためのケアも欠かせません。
また、スポンサー企業の課題解決のために、企画を考え実行することもあります。

法人向けの団体観戦チケットの販売

企業やスポンサーに対して、お得な団体観戦チケットの販売を行います。
販売したチケットは販売先の福利厚生などで使用されます。

スポンサーアクティベーション

クラブスポンサーになった企業が得た「権利」を活用するサポートを行います。
スポンサーになると、クラブのロゴを使用してコラボ商品が作れたり、試合当日に自社製品PRのイベントを開催できたりと、様々な権利を得ることができます。
営業担当はスポンサーの窓口として、準備期間にはアクティベーションプランの企画や各種連絡事項のやりとり、試合当日はアテンドや管理等を行います。

下記が簡単なアクティベーション事例です。

アクティベーション事例:1入場時のサンプリング
内容:入場時にお菓子が貰える。

アクティベーション事例2:製品を利用したイベント
内容:最新の一眼レフカメラ(スポンサーの製品)を使って、ピッチ内で記念撮影を行う。
   その写真は出力して、後日発送する。

タイトルとURLをコピーしました