Jリーグクラブの仕事紹介- 運営担当-

運営担当は試合開催のリーダーとして、試合実施計画と当日のオペレーションを行います。
試合会場や試合が安心・安全に事故なくスムーズに進められるよう努めます。

年間試合計画の作成と調整

Jリーグの日程を組むにあたり、リーグ・カップ戦開催予定日にスタジアムが利用できるように日程確保を行います。
スタジアムが自社の持ち物で無い場合は、他競技や他団体との調整に時間を要します。

またキックオフの日時や試合開催場所など、各クラブに裁量が与えられている項目の調整を、クラブ内やテレビ局などの外部団体と行います。

運営計画の作成

試合会場の使い方、人の配置、接客や誘導方法、手配物の精査、使用備品の精査などを計画します。
計画を行い、新たに必要になったものは作成や購入をします。

協力会社やアルバイト/ボランティアなど運営スタッフの手配

試合を開催するにはたくさんの運営スタッフにご協力いただく必要があります。

Jリーグはボランティアさんを募集しているクラブが多いですが、窓口は全て運営担当です。
シーズン前にボランティア説明会を開催したり、公式サイトでボランティアさん募集の掲載を行います。
シーズン開幕前にボランティアさんの情報を集約し、連絡系統の整理や名簿の作成をします。

スタジアム近隣施設や店舗との連携

スタジアム近隣施設や店舗とトラブルが起きないよう、あいさつ回りや提携を行います。
施設の駐車場をサポーター向けに利用させてもらうお願いなども運営担当の仕事です。

また、近隣施設の駐車場不正利用などのトラブルの際には謝罪に行きます。

ホームゲームに向けての情報を集約

ホームゲーム開催時のリーダーとして、各部署から情報を集約し調整します。

また社外との調整も多々発生します。
リーグやサッカー協会、対戦相手やマッチコミッショナーなど、社外の人たちとも各種情報のやりとりと集約を行います。

最終的には各情報をまとめた概要書を作成し、スタッフや関係者に共有します。

対戦相手との連携

対戦相手のクラブと連携し、情報の共有を行います。
チームがスムーズに試合に臨めるよう、スタジアムの図面やロッカールームの使い方、チームバスの入り時間などの情報交換をします。

ホームゲーム当日の運営統括

リーダーとして、試合会場全体の事柄を常にキャッチアップします。
不具合が起こりそうな部分をいち早く見つけたり、トラブルを最小限に抑えるといった危機管理能力や観察力が大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました