Jリーグクラブに就職したい大学生・専門学生・高校生へ。Jクラブに新卒で入社・内定の方法を紹介

スポンサーリンク
Recruit-Jリーグクラブへの就職-
学生A

将来Jリーグのクラブで働いてみたいけどどうすればいいんだろう。

うーん、就職する方法も分からないから色々難しいよね、、、

学校を卒業したらJリーグクラブで働いてみたいし、少し調べてみよう!

本記事では、Jリーグクラブに新卒で入社した私が、Jリーグクラブに新卒で内定・就職する方法を紹介していきます。
自分の経験や勤務していたクラブ、その他Jリーグクラブの社員の方々から聞いた話から、Jクラブの採用を要約しています。

今回は学生の方々を対象に更新いたします。

また今回はフロントスタッフとしての入社を前提としております。
チーム関連のスタッフ(メディカル、マネージャー、コーチ)、選手を目指している方はほとんど参考になりませんので予めご了承ください。

スポンサーリンク

新卒でのJリーグクラブへの入社方法って?

大きく分けて下記の4通りがあります。
①求人を見つけて応募する
②インターンシップ、アルバイトからそのまま入社する
③JUFA(学生連盟)運営スタッフ経由
④紹介

Jクラブの求人を見つけて応募する

通常の就活と一緒です。
求人を見つけて応募しましょう。運が良ければ入社できる程度と考えるのが吉です。

求人はどこに掲載されるの?
基本的にはクラブ公式サイトでの求人が多いです。
念のため、各種就活サイトも確認しましょう。
またハローワークに求人が乗っていることも多々あるので、探してみるといいかもしれません。

募集は不定期ですので、辛抱強く定期的にチェックしましょう。

現在、体育会などの部活で活動している学生は有利?

3000名以上の体育会、アスリートの就職、転職を支援|【アスリートエージェント】という就活サービスがあります。

体育会に所属する方々専門のエージェントサービスです。 Jリーグクラブは体育会人材が多い業界です。
体育会に所属という利点を生かして、就活スタートの時点から周りと差をつけることができます。

Jクラブのインターンシップ・アルバイトからそのまま入社する

新卒でのJリーグクラブへの入社方法としてはインターンシップ、アルバイトから入社するのが一般的です。
Jリーグクラブで働くスタッフにもインターンとバイト経験者が非常に多いです。

・インターンシップやアルバイトはどこで募集されるの?
インターンシップ・バイトともに募集はクラブ公式サイトにて行われます。
大学や専門学校がJクラブのスポンサーなど提携先の場合、学校を経由してインターンシップを募集されることもあります。
しっかりとチェックしましょう。
3月から4月に募集されることが多いです。

全日本大学サッカー連盟(JUFA)運営スタッフ経由

Jリーグクラブスタッフに全日本大学サッカー連盟出身者は非常に多いです。
全日本大学サッカー連盟(JUFA)とは大学サッカー部のリーグを運営する組織です。
大学サッカーリーグは全日本大学サッカー連盟に所属する学生を中心に試合運営や告知が行われます。

運営スタッフとして所属する学生は、大学に通いながらJUFAの試合運営や広報等の活動を行います。
Jリーグクラブに就職したOBやOG、先生等の繋がりから、Jリーグクラブへ特別にインターンシップに行けたり、採用のレールに乗れる可能性が生まれます。

・応募方法や条件は?
毎年3月を目処に連盟公式サイトにて運営スタッフの募集があります。
全日本大学サッカー連盟は関東や関西等の各地域ごとに活動していますので、地域の大学連盟の公式サイトをチェックしましょう。
応募条件は4年制大学に通っているです。
全日本大学サッカー連盟で活動したい学生は4年制大学に進学しましょう。

関係者の紹介

Jクラブへコネやパイプのある人に紹介してもらい入社します。

具体的な関係者とは・・・Jクラブ社員、大学の監督、スポンサーなどなど。

紹介してもらう人に出会うこと、紹介してもらえる人間になる努力をしましょう。
SNSなどで情報発信したり、スポーツ系の会社でインターンシップを行ったり人脈を作れるといでしょう。
何も行動せずに紹介してもらえたり、人と出会えることは絶対にありえません。

Jクラブ就職に向けてのステップ

Jリーグクラブに就職するためには様々な努力が必要です。
希望した全員がJクラブに就職できるわけでもありませんし、インターンシップやバイトにも自分の希望通りに行けるかは分かりません。

Jクラブへの採用、インターンシップやバイトへの内定を確立を高める方法を紹介します。

自分がJリーグクラブで働きたい志望動機をまとめよう

あなたはなぜJリーグクラブで働きたいのかをしっかりと考えましょう。

志望動機としてありがちな、
「サッカーが好き」「楽しい仕事をしたい」「サッカーが生きがい」「サッカーに命を救われた」
などは志望動機としてはだいぶ弱いです。
単純にこういう人はたくさんいるので。

あなたはJリーグクラブに入社して何をしたいですか?
クラブを通じて何かしたいことはありますか?
クラブに何をしてあげられますか?
自分が活かせるスキルはありますか?

少しずつ考えていけばきっと見つかるはずです。

求人を探して応募/応募の方法

求人、インターンシップ、バイト等の情報を探して応募しましょう。
内容をよく読まずに不備や不足があった場合、減点の対象となってしまいます。
特に難しいことはありませんので、しっかりと文章を読んで応募しましょう。

ポイント
担当者との連絡はメールでのやりとりが基本です。
事前にメールアドレスを取得しておきましょう。
Gmailでメールアドレスを取得すれば大丈夫です。
メールアドレスは、[苗字orフルネーム@gmail.com]のような分かりやすいアドレスにしましょう。
誕生日や関係のない単語が入った学生っぽいアドレスは控えてください。

面接での注意点

面接に呼ばれたら面接に行きましょう。

具体的な注意点
・ユニフォームスポンサー以外のスポーツメーカーのもの(シューズやリュックなど)を身に着けない、持たない。
・ネクタイなどライバルチームのカラーの衣服を身に着けない。
・ドリンクを持っていく場合はスポンサーメーカーのもの。

Jリーグクラブに採用てしもらう確立を上げるためには

さて実際、Jリーグクラブで働く確率を上げるにはどうすればいいのでしょうか?
一番手っ取り早いのが勉強をしてスキルを付けることです。

ビジネススキルを磨こう

ビジネスに活かせるスキルを学びましょう。
大学や専門学校で学んでいることを極めるのが最も簡単でしょう。
英語やプログラミング、マーケティングなどJリーグクラブに活かせるスキルだと即戦力になれますね。
ただ学んだだけではなく、実績があると、なお良いと思います。
お金を貰って仕事をしていたら立派なスキルとして認定される可能性は高いと思います。

もちろんスポーツビジネスの原理原則を学ぶことは大前提です。
ネットで情報を検索すると様々な話が乱立しているので、数冊本を読むのがおすすめです。
管理人が実際に読んで勉強になったスポーツビジネスオススメ本!

スマホファーストの「デジタルマーケティング戦略」を紹介。
データを使用したマーケティング施策のエピソードが描かれている。

ピッチ外、ピッチ内を包括的にマネジメントしてお金を稼ぐアメリカのスポーツマーケティングを学ぶことができる。

弱小チームをマーケティングの力で人気で強いチームにしたエピドート。スポーツビジネスの概要が学べる。

Jリーグクラブで即戦力を目指すには

Jリーグクラブで不足している人材は経理や会計などの財務関連とエンジニアです。

学校での勉強だけでは足りない場合は別の場所を用意して勉強しましょう。
社会人になるとなかなか時間が作れませんので、学生のうちにたくさん勉強することをおすすめします。

経理系
定期的に求人も出ており、他の職種に比べて給料も高いです。

スポーツクラブは収入や支出の項目も多く、経理処理が難しいと言われています。
みなさんのようにサッカーが好きで、スポーツビジネスを理解している方が経理にいると経営陣や社員は非常に頼もしいと思います。

将来的には経営企画も目指せるのでオススメです。

エンジニア系
エンジニアは現在のJリーグにぼぼいませんが、電子化が進んでいる時代ですので必ず必要です。
最新技術やアプリやwebの仕組みを分かっている人もあまりいないので、知っているだけかなり有利です。
専門職ですので、クラブ内でもいいポジションに就ける可能性も高いです。

デザイン系
Jリーグクラブは企画やプロモーションが非常に多いため、画像や動画を大量に製作します。
クラブ内で内製化できるとスピード感やデザインの統一感などいいことがたくさんあります。
Adobe illustratorやPhotoshopが使えると就職にも有利ですし、入社してからでも戦力として長く活躍できます。
クラブのブランディングなどをやって見たい方にはおすすめのスキルです。

タイトルとURLをコピーしました