Jリーグクラブの仕事紹介- ファンクラブ担当-

スポンサーリンク

ファンクラブを通じて、ファン・サポーターとクラブの良好な関係構築を行うことが目的です。

昨今ファンとのクラブの密接な関係性はスポーツビジネスにおいて、最も価値が高いとも言われています。
一般企業ではサブスクリプションと言われるやつです。

ファンクラブを通じて、ファンとクラブの関係性を高めるため、ファンクラブ会員限定サイトやメールマガジンを使用したオンラインの企画、スタジアムイベントや優待施策などオフラインの企画を考案し運営を行います。

また各企画を行った後にはアンケートや行動分析などを行いクラブの運営に繋がる情報をまとめ、フィードバックします。

ファンクラブの企画

会員種別や価格設定、各種優待や特典などファンクラブの大枠を企画します。

各価格感や工期(優待や特典、webシステム、支払いシステム)を検証し運営の準備を行います。

前シーズン中には上記業務が動きだし、シーズンオフに会員募集を開始するイメージです。

製作物の作成

ファンクラブ会員証やファンクラブ特典の作成を行います。
ファンクラブ特典は各クラブによって異なりますが、招待券と限定グッズが一般的でしょう。

余談ですが、サッカークラブ以外のファンクラブ(野球などの他スポーツ、アイドルなどの芸能界)のファンクラブ特典を見るのも個性があって面白いです。

ファンクラブコンテンツの運営

オンラインとオフラインを駆使しファンクラブの運営を行っていきます。
各コンテンツの具体例は下記の通りです。

オンラインコンテンツ具体例・・・
会員限定コンテンツ(選手インタビューや選手動画 )を配信するサイトやメールマガジン

オフラインコンテンツ具体例・・・
ファンクラブ交流会、ファンクラブ会員限定スタジアムツアー

上記のようなコンテンツを運営するために、協力会社を手配したり、選手との段取り調整などを行います。

各種分析

ファンクラブに関する各種情報やイベントの分析行います。

会員の性別や年齢、居住地域の分析、会員継続率など組織に関する分析、
来場履歴やファンクラブ招待券の使用率などの分析、
メールの開封率やwebサイトのUU数などのデジタルに関する分析、
などありとあらゆる分析を行います。

ファンクラブの分析結果が営業活動や集客施策に繋がっていくことも多いです。

タイトルとURLをコピーしました